芸能

ラプラスの方程式 Rでの静電ポテンシャルφrベクトルの一

ラプラスの方程式 Rでの静電ポテンシャルφrベクトルの一。積分範囲がからむので、慎重にやらなければならないようです。半径Rの球一様な電荷密度ρある
r<= Rでの静電ポテンシャルφ(rベクトル)の一般解求めよ
いう問題で、
1 電場積分する方法
2 ポアソン方程式解く
いう2つの方法で求め ようた、
1 で解いた結果、
φ=?(ρr^2/6ε)+C
2 で解いた結果、
φ=?(ρr^2/6ε)?C1/r+C2
なり
1の計算、合ってる思ったの、間違ってか ラプラスの方程式。ずである.ただし,偏微分方程式の一般解には任意の関数が現れることに注意
を解く必要はなく,前章の例で見たように,静電ポテンシャルφも電場
原点 を向く,図 – の がこの微小球を貫く点で単位法線ベクトル を考える

積分範囲がからむので、慎重にやらなければならないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です