ビジネス

加藤浩次さんと吉本 加藤浩次大崎会長の緊急会談ずっ平行線

加藤浩次さんと吉本 加藤浩次大崎会長の緊急会談ずっ平行線。加藤は大崎さん率いる吉本の傘の下で今の地位につけた。加藤浩次大崎会長の緊急会談ずっ平行線でたどう思か 加藤浩次「平行線で3時間」大崎会長との会談明かす。極楽とんぼの加藤浩次が日。メインを務める日本テレビ系「
スッキリ」月~金曜午前時で。の大崎会長との会談について語り
「会社側の意見。芸人側の意見。合致点がなかなか見つからなかった。加藤浩次大崎会長の緊急会談ずっ平行線でたどう思かの画像をすべて見る。加藤浩次。お笑いコンビ。極楽とんぼの加藤浩次50が24日。MCを務める日本
テレビ系「スッキリ」月~金曜前8?0に生出演。23日夕方に行われた。
吉本興業の大崎会長と…加藤浩次。ザテレビジョン芸能ニュース!加藤浩次が。月日放送の「スッキリ」
毎週月曜~金曜朝-。日本テレビ系で。前夜に行われた吉本興業?大崎
洋会長との会談について語った。宮迫博之。田

加藤浩次。経営陣が刷新されなければ吉本興業を辞めると表明していたお笑いコンビ?
極楽とんぼの加藤浩次が日。日本テレビ系情報番組『スッキリ』毎週月~金
~に生出演。日に行われた大崎洋会長との話し合いの加藤浩次さん吉本に到着。極楽とんぼの加藤浩次さんが吉本の東京本部に到着しました。加藤さんと大崎
会長の緊急会談が行われているとみられる吉本興業東京本部から報告です。
山崎弘喜アナウンサー報告 加藤さんを乗せたタクシーが到着しま加藤浩次「吉本興業」退社はいったん保留。ニュース| 経営陣が刷新されなければ。所属する吉本興業を辞めると明言してい
たお笑いコンビ?極楽とんぼの加藤浩次が日。を務める日本テレビ
系『スッキリ』月~金 前。に生出演。大崎洋

加藤浩次さんと吉本。吉本興業をめぐる騒動で。日午後に大崎洋?吉本興業ホールディングス会長と
約時間にわたり話し合いの場を持った加藤浩次さんが。日午前の日本テレビ
「スッキリ」の冒頭で。その内容について説明した。

加藤は大崎さん率いる吉本の傘の下で今の地位につけた。とても外から見ていて自分の力でのし上がったとは思えない。その恩を忘れて、番組内で電波を私物化して突然トップ批判、社長会長と刺し違えると豪語した。度し難い思い上がり。現体制について意見があるなら、あんな派手なパフォーマンスなしでアポをとって会談して冷静に話をして意見交換するのが大人。他の件で経営体制に世間が注目しているさなかに、極悪非道な経営者だと侮辱して追い討ちにするようなやり方は卑怯千万。受ける側は、世間に向かって高らかに非難の声を上げられて文句あるならやめろ、と切り捨てるわけにもいかない。だがどう考えても、君がそういうならトップ二人が首を差し出そうなんて話にもなるわけがない。が、一人で乗り込んで親分の首を出せと迫るのは、何か裏があるのではないか、どんな爆弾を隠し持ち、背後に誰かがついて糸を引いてるんじゃないかと疑心暗鬼になる。まず言い分は聴いてみる、何があるのか腹を探るための三時間。結局何もないとわかった。ま、マジか、何もないのに、こんな騒動にしたの? あいつはホンマただの狂犬かいな。主君に刃向かうのは反逆、謀反。問答無用で打ち首獄門が当然。それができなかったら首脳陣は弱腰を責められる。しめしがつかぬ。主君が詰め腹を切らぬなら自分が切腹、とまで言っておいて、両方が並び立つ落としどころはない。追って処分申しつくるものなり、それまで通常のまま沙汰を待て。???野郎、なめやがって。吉本は加藤を切る以外の選択肢はない。加藤の要求を呑めるわけない。その後のことについては、番組との契約などあり、事務的な処理が残るだけ。違約賠償などどこにどういう影響が出るか、それを調べるために会長はこの件を持ち帰って検討すると言ったものと思われる。加藤浩次は、質問や自分の意見を主張できても議論は出来ない人間。ただ話を聞いてきただけなんじゃないのですか平行線になるはずです。加藤さんは個人事業主で社員ではありません。社員ではないので退社やクビは存在しません。個人事業主が取引先の吉本の経営陣の退陣を求める事はできません。別会社の人が経営に口を挟んでいるようなものです。加藤さんの意見が芸人の総意とは限りません。せめてTwitterで吉本芸人や吉本ファンの人に署名を呼びかけるべきでした。さらに加藤さんの個人的な都合で契約解除となると多額の違約金が発生する場合もあります。これらを大崎氏に諭されたと思います。テレビ局が株主であることや経営陣の退陣の議決権がある事を言っていたので、もっと大きな意味で退陣を求めているものと思っていましたが??平行線という事は、単に加藤さん個人が暴走しただけのように思います。吉本は何もしなくても10年もたないと思います。会長は高齢で、社長は会長の言いなりで経営者不適格、明石家さんまさん、ダウンタウン以降はスターが育っておらず、ウンナンさん、有吉さん、マツコさんなどのオネェ軍団、女芸人にメインを持っていかれ、吉本色の強いコンテストで優勝させても数年しか持たず、最近では吉本芸人のトラブルが多すぎます。今回の吉本の内紛で経営陣だけでなく吉本の中堅芸人の一般常識のなさに呆れている人は多いのではないでしょうか?個人事業主であるのに取引先の吉本に生活保障を求めたり、取り分の割合も明確にして芸人の取り分を増やせば劇場は維持できず閉鎖され新人はチャンスを奪われます。何カ所も劇場を持ちチャンスを貰っているのに、他の事務所と同列に比較するのは無理があります。他の事務所は劇場がなく看板もないので新人は吉本以上に必至です。加藤さんは戦うには準備不足、知識不足です。「筋が通らないから辞めろ!辞めろ!」では恐喝と変わらないです。相手にNOと言わせないカードを準備すべきでした。経営陣も吉本芸人も両方とも問題ありです。あれだけの稼ぎをする方です。昨夜の会談だけで、簡単に答えは出せないと思いますよ。『平行線。』と表現されてましたが、なんにも進展がなかったという意味ではないと思いますよ。お互いに腹の中を見せて、その上で『この話は持ち帰らせてくれ。』と会長さんがおっしゃられていたそうなので、ちゃんと前には進んだと考えるべきかと。自分の進退云々を、番組使って大声あげて、私物化するのも見苦しい。四の五の言わず、辞めたい人はサッサと辞めたらいいのに、何、引っ張ってるの?って感じです。TV局としても、今後は使い難いタレント芸人として、烙印が押されるだけかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です