芸能

沖縄への米軍基地集中 沖縄基地集中すぎか

沖縄への米軍基地集中 沖縄基地集中すぎか。●沖縄を混乱に陥れて逝った翁長知事2018年8月。沖縄基地集中すぎか 沖縄米軍基地所在市町村に関する。日本全国の面積の%を占めるに過ぎない沖縄に米軍専用基地の%が存在して
。高密度の軍事活動が展開されることに伴い。様々な影響が沖縄の経済と民生に
生じている。 米軍基地の集中的な存在は。量的質的に沖縄県。特に基地の所在沖縄への米軍基地集中。上智大学メディア?ジャーナリズム研究所が。戦後75年を機に全国の有権者を
対象に実施した調査で。沖縄に在日米軍の基地や施設の7割が集中することは
差別的扱いだとの意見に対し。59?2%が「その通りだと思う」オピニオンなぜ沖縄に米軍基地が集中しているのか。※ ただし沖縄県がで「国土面積のわずか%に過ぎない狭い沖縄県に。在日
米軍専用施設面積の約%に及ぶ広大な面積の米軍基地が存在しています」と
掲載しているのは。基地問題を正しく説明していません。日本では。自衛隊と
共用

なぜ米軍基地は沖縄に集中しているのか。今回は「なぜ米軍基地は沖縄に集中しているのか - 「銃剣とブルドーザー」で
土地を奪い。本土の基地を沖縄へ半島などの共産化を警戒するといった文言
が当時の米軍の文書には散見されるが。沖縄からは遠すぎる。基地はなぜ沖縄に集中しているのか。本土沖縄県外出身の人の記者による作品。と言いつつ。人中人は沖縄局
勤務経験者なので。やはり沖縄に肩入れした論調か。あるいは逆に沖縄は沖縄の米軍基地/沖縄県。沖縄には日本全体のアメリカ軍専用しせつの約%が集中し。沖縄本島の約%
を占めています。 太平洋戦争中の年昭和年月に沖縄本島に上陸した
米軍は。基地をつくり始めまし基地問題。本格化するアメリカ軍基地の移設工事を巡り。沖縄県と政府の対立が続きます。
県内移設や基地そのものの必要性。基地が沖縄に集中する状況について尋ねた
朝日新聞デジタルのアンケートには。開始1週間で2200を…

●沖縄を混乱に陥れて逝った翁長知事2018年8月 月刊Hanada2018年10月号 恵 隆之介◆翁長県政の罪未だに許し難いのは、翁長が日頃口にしていた「沖縄の米軍基地は住民が沖縄戦中、収容所に入れられている間に全て一方的に作られた」という虚言だ。翁長は沖縄県知事就任後最初の渡米の際も、「沖縄の米軍基地は沖縄戦中に住民から掠め取ったもの」と発言しており、米国政府関係者を激怒させている。しかし、元々保守だった翁長は、本心ではそれが事実ではないことを知っていたのではないか。、沖縄県議会で自民党の照屋守之県議がこう質問した。「『沖縄の米軍基地は、全て銃剣とブルドーザーで強制接収された』とても有名なフレーズでありますが、これは事実ではありません。『銃剣とブルドーザー』という言葉が象徴する、県民の意思とは関係ない軍用地の強制接収は、確かにありました。しかしそれは極々小規模なものであり、基地全体の0.8%170ヘクタール程度にしか過ぎないものです。逆に、県民自らが軍用地の提供を申し出て、米軍基地を誘致した土地は全体の10%1079ヘクタールを超えており、その中には第4代知事大田昌秀が在職中に提供した土地も含まれています。しかも本件は、太田県政時代のみならず、稲嶺県政、仲井眞県政もそれぞれの知事が同様の証言をしています。翁長知事!歴代の知事が認めてきた史実を改竄するのですか?知事が代われば歴史も変わるということがあってもいいのですか?」すると翁長は言葉を失い、「改めて検証します」と逃げてしまった。結局、「沖縄に米軍専用施設の70%が集中する」実際は在日米軍基地の19.2%、「基地負担を強いられているから補助金をもらうのは当然」などという言葉が、未だに沖縄を飛び交っている。翁長県政の罪は重い。沖縄県民は1日も早く目覚めるべきだ。文中敬称略●沖縄の声特番!翁長県政の最大の狂言を暴く!翁長県政への自民党沖縄県議会議員による一般質問[桜H]に公開平成火曜日に放送された『沖縄の声』。翁長県知事と沖縄県側は沖縄と米軍基地の歴史的側面において”沖縄の米軍基地は県民が誘致したわけでなく、銃剣とブルドーザーによって強制接収された”との見解を示しているが、実際はどうだったのか?本日は、「翁長県政の最大の狂言を暴く」をテーマにジャーナリストの恵隆之介氏が番組をお送りします。※ネット生放送配信:平成、19:00~出演:恵 隆之介ジャーナリスト?沖縄支局担当キャスター●「在日米軍基地」の約75%が沖縄に集中する」--実態を知っている者からすれば信じられない虚言である。これが全国民に浸透しており沖縄県民に対し徒に被害者意識を煽っているのだ。正確には沖縄にある米軍基地は日本全国の米軍基地の22.6%平成24年3月である。その根拠は、沖縄県知事公室基地対策課が毎年刊行する、『沖縄の米軍及び自衛隊基地統計資料』1頁にもはっきり掲載されている。全国の米軍施設?区域 1,027,815千㎡本土の米軍施設?区域 795,343千㎡沖縄の米軍施設?区域 232,471千㎡全国の22.6%沖縄県知事公室基地対策課『沖縄の米軍及び自衛隊基地統計資料』平成24年3月計算すれば確実に22.6%の数字が産出されるのだ。要するに「75%」とは、米軍「専用」施設のことを指すのだ。全国の米軍「専用」施設?区域 309,641千㎡本土の米軍「専用」施設?区域 80,858千㎡沖縄の米軍「専用」施設?区域 228,783千㎡全国の73.9%沖縄県知事公室基地対策課『沖縄の米軍及び自衛隊基地統計資料』平成24年3月例えば、青森県三沢の米軍基地は、自衛隊の使用部分は全体の僅か3%だが、これも自衛隊との共有施設となっており、73.9%の分母からは除外されているのだ。その他、73.9%の分母には佐世保、横田、岩国、横須賀等の、自衛隊と共有する巨大な在日米軍基地は一切含まれていないのである。そして米軍北部訓練場の約半分を返還後は、沖縄の米軍「専用」施設の割合は約70%、沖縄の米軍施設の割合は19.2%である。●普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対して移設先が決まらなければ、住宅地のど真ん中にある米軍普天間飛行場の危険性を除去することはできない。辺野古以外の移設先などなく、辺野古移設が唯一の解決策だ。にもかかわらず、「移設場所をどこにしてと言明、限定する必要はない」と言った玉城新知事の本音は「普天間近隣住民の安全は無視しよう」ということだろう。玉城新知事はあまりにも無責任すぎる。玉城新知事に投票した沖縄県民はこのことをどう思うのか。●2018.10.4 18:03更新玉城デニー沖縄知事「普天間移設場所を言明する必要ない」沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対して知事選に当選した玉城デニー氏は4日、県庁に初登庁後、記者会見し、普天間飛行場について「私たちが移設場所をどこにしてと言明、限定する必要はない」と述べた。4日は就任式で職員に訓示する予定だったが、台風25号の影響で中止となった。玉城氏は富川盛武副知事から事務引き継ぎを受けた後、県災害対策本部で万全の対策を取るよう指示した。記者会見では「辺野古新基地建設の阻止に向けて全身全霊で取り組む」とし、日米両政府との協議を求める考えを改めて表明した。ただ、普天間飛行場の移設先を問われ、「米海兵隊の運用は、一義的には米側が構築していく問題だ」「沖縄県側が軍の運用について言葉を挟むことはできない」と述べた。●名護市辺野古の工事は、米海兵隊の既存の基地「キャンプ?シュワブ」の拡張工事であって新基地建設ではない。そもそも、普天間飛行場の移転は「住宅や学校が近くにあって危険だから」と沖縄県民の大半が望んだものだ。米軍基地は、現状、日本全体の利益を守ると同時に、沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば、沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから、中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが、米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や、米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来れば、むしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。●辺野古埋め立て撤回 政府、効力停止申し立てへ 沖縄県に通知、17日にも手続き2018.10.16 22:42 産経新聞 政府は16日、沖縄県が米軍普天間飛行場宜野湾市の移設先である名護市辺野古の埋め立て承認を撤回したことに対し、行政不服審査法に基づく審査を請求して撤回の効力停止を申し立てる方針を固め、県側に通知した。17日にも手続きに入る。複数の関係者が明らかにした。防衛省は執行停止が認められ次第、辺野古埋め立てに着手する考えだ。9月の知事選で当選した玉城デニー知事は辺野古移設に反対しており、政府との対立が深まる可能性もある。辺野古埋め立てをめぐっては、翁長雄志前知事が平成27年に埋め立て承認の手続きに瑕疵があったとして「取り消し」を行ったが、28年に最高裁で県の敗訴が確定している。撤回は承認後の不備を理由とした措置。翁長氏死去後の8月末に謝花喜一郎副知事が判断し、玉城氏もこれを支持している。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。玉城新知事は裁判になると負けると分かっているので「もっと協議を」などと言っていたが、「埋め立て承認撤回」を取り消さないので、国が行政不服審査法に基づく審査を請求して撤回の効力停止を申し立てる方針を固め沖縄県側に通知したのは当然だ。認められれば埋め立て工事を再開できる。また知事権限を国に移す特別措置法を制定すべきだ。加えて翁長県政時代に約570億円減額された一括交付金などの沖縄振興予算をさらに削るべきだ。日米地位協定により 沖縄県は アメリカの植民地です。東京 神奈川 埼玉 長野 新潟 の空も 日本の飛行機は自由に飛ぶことができません。アメリカの領土横田空域です。安倍さんは 憲法改定より 日米地位協定を廃止することが先にやることです。敵が中華人民共和国だから仕方ない▼中国人民解放軍、台湾?沖縄侵略予想図基地なら日本全国にあるよただ需要が沖縄にあるため、基地ではなく米兵が集中してるだけ

  • モンスト課金以上の効果かも スマホをモンストのサブ機とし
  • 本当にいいの 1ヶ月前に彼氏と別れたのですがまた新しく好
  • トランプ氏 トランプ大統領のコロナ感染は大統領選挙にマイ
  • 大宮西口教室 原因としては私がテスト期間の時勉強全くして
  • 作品から探す 彼氏も仕事ができて常識人な同期のコトをかっ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です