エコロジー

液体の蒸発に関するミクロ熱力学からの考察 水蒸気含む気体

液体の蒸発に関するミクロ熱力学からの考察 水蒸気含む気体。〔人体のまわりの空気の分子のエネルギー〕1。化学基礎の問題 今、あなたのまわり空気で満たされて (水蒸気含む)気体分子ような状態であるか、エネルギーの観点分子レベルで論じなさい 、今瞬間気温2度近く下る、ような状況起こる予想されるかついて論じなさい 本当全く分かりません 助けて下さい!!液体の蒸発に関するミクロ熱力学からの考察。結合エネルギーというミクロな観点から蒸気圧を求めるこのような熱力学上の
議論は既に年も前に議論さ蒸発は,気体もしくは固体状態の分子が気体
状態にな る現象である。 液体の表面から分子が飛び出して気体になることと,

〔人体のまわりの空気の分子のエネルギー〕1 空気中の分子は熱運動をしていて、人体に衝突しています。2 人体の表面の分子も、熱運動をしています。3 気温が20 ℃だとすると、体温より低いので、空気と人体は熱平衡にはありません。4 人体と空気中の分子が衝突すると、平均的には、気体分子は人体から熱エネルギーを得て運動エネルギーを増加させます。人体は熱エネルギーを奪われます。5 服は、人体と空気の熱の授受を妨げます。そのため、服の内側の空気の温度は気温より高くなっています。6 皮膚は湿っているので、水分子が空気中に飛び出します。つまり蒸発します。このとき人体はエネルギー蒸発熱を奪われます。熱エネルギーと蒸発熱は呼吸によっても人体から失われます。7 人体の内部では、栄養素からATPの形でエネルギーを取り出しており、外部に失われるエネルギーを補って、体温を維持します。8 気温が2 ℃になると、空気中の分子の熱運動が不活発になります。人体への気体分子の衝突も弱くなります。単位時間に人体が気体分子に与えるエネルギー、つまり、単位時間に人体から失われるエネルギーが大きくなります。つまり、寒いです。人体には恒常性を保つ機構があり、栄養素からのエネルギーの取り出し、つまり代謝を活発化させ、体温を維持しようとします。また、そのとき人は、厚着をすることで、人体と空気の間の熱の授受がさらに起きにくいようにして、服の内側の空気の温度と外気温との差を大きくします。疑問点などがあれば返信してください。

  • 買い占めはやめて 半ば涙目でうったえるとじゃあ看護婦がじ
  • アラスカ州 どなたか回答いただけたら嬉しいです
  • 中国文学科について 國學院大学文学部の中国文学科って中国
  • ゆうの小説 ですがそういうの一切ないのに最初から馴れ合い
  • まこと日記 しかも収めてある会費から払われるので今更仕方
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です