エコロジー

第4回サイエンス?コ?ラボ ビフェニルカルボン酸同定する

第4回サイエンス?コ?ラボ ビフェニルカルボン酸同定する。>その同定に薄層クロマトグラフィーを用いました。大学1年の化学ついての質問

実験で4 ブロモ安息香酸フェニルボロン酸4 ビフェニルカルボン酸合成、同定薄層クロマトグラフィー用い 実験のレポートの 課題「合成された4 ビフェニルカルボン酸同定するの薄層クロマトグラフィー以外ような方法考えられるか」いうのあり

ような方法あり、故良いのか もう別れよう:「化合物の分離?精製方法」第5回Chem。さてちょうど半分。第5回目となる今回は。「もう別れよう。化合物を分離?
精製する」と題して。有機化合物の反応の計画?試薬の調製?反応を仕込む?
止める?反応追跡?目的化合物の分離?精製?化合物の同定と一連の作業が
あります。経験によるところもあり。卓越したテクニックは人まかせですが。
それ以外で注目したいのが。シリカゲルの粒子径同じ。シリカゲルを用いる
化合物の分離?精製方法に分取薄層クロマトグラフィー もあります。

TLC。薄層クロマトグラフィーは。化学物質を分離?同定するための クロマト
は様々な化合物の分析に使用された実績があり。報告されている参考文献も豊富
です。まずは既存のまた未修飾シリカゲル以外にも。様々な担体を
ラインナップしています。本カタ 一般分析用薄
層クロマトグラフィー適切な展開溶媒を使用することで。非常に広範囲な化
試料としてアミノ酸。カルボン酸。炭化水素。核酸。無機イオン。リン酸類の
分離例が多く見ら第4回サイエンス?コ?ラボ。クリックすると拡大した画像がみられますクロマトグラフィーは紫外線に反応
する→薬品があるところのみに反応する。でしたが。今回参加したことで。
どのような反応が起こって。物質同士がどのように化合するのかがとてもよく
理解できました。?1枚目と2枚目のプレートで結果が異なるのは。
ヘキサンとジクロロメタンを使っている以外になにがあるのか。ノーベル賞を
受賞したクロスカップリング反応ということを知っていたので。興味があり。
参加してみた。

>その同定に薄層クロマトグラフィーを用いました。同定はその物質であることを確認する構造決定の手段ですので、通常は薄層クロマトグラフィーは同定には使用しません。薄層クロマトグラフィーは、反応の追跡に利用することが多いのですが、もし同定に使用するなら、基準物質として同定物の標準品が必要です。この場合、基準物質と並べてスポットして同じRf値のところにスポットがあることで確認しますが、Rf値が同じ物質はいくらでも存在するので同定には不向きだということです。このような、必要条件で絞り込むやり方には、元素分析や融点、機器分析ならUV紫外線吸収スペクトルなどがありますが、いずれも構造決定に使用できるようなものではありません。一般的に同定構造決定に最もよく使用される方法は、機器分析となります。機器分析で代表的なものには、IR赤外線吸収スペクトル、NMR核磁気共鳴スペクトルがあり、これらは多くの構造上の情報が得られます。さらに、MSマススペクトルなども追加することがあります。ちなみにX線回折などの分析は機器がほとんどないこともあり、化合物の同定に用いられることはほとんどありません3次元の立体構造の位置関係を見たいような特殊な例で使用。なお、元素分析や融点だけでなくMSやX線回折では単離した物質を十分精製したもものを使用する必要がありますが、IRやNMRではある程度の純度の試料でも解析可能です。同定ですよね?出来たものがビフェニルカルボン酸だということを確かめる方法ですから色々ありますNMR、単結晶エックス線構造解析、IR、紫外可視分光法などですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です