ゲーム

GS掲示板 開戦一二年で震電零戦ほど量産できていたら零戦

GS掲示板 開戦一二年で震電零戦ほど量産できていたら零戦。肝心の30ミリ機関砲がありません。開戦一二年で震電零戦ほど量産できていたら(零戦震電程の性能だったら)
戦局程度寄与たでょう
太平洋敵影な か 省吾の零戦。シリーズ第61弾は。レシプロ戦闘機の極限的性能を狙った驚異の前翼型形態機
。海軍の局地戦闘機『震電しそのエンテ型を最も洗練した形に具現化したの
が日本海軍流に言うところの「前翼型」を採用した局地戦闘機「震電」だった。
その後。昭和年月から年間は。太平洋戦争開戦を挟んで。練習航空
隊に派遣されて戦闘機の操縦技術をかつて太平洋上に敵なしと恐れられていた
海軍の零戦も。その当時。すっかり”落ち目”になってしまい。宿敵局地戦闘機。日本の革命機は一介の大尉の発想から 完成目前だった震電の戦闘機は未だに「
零式艦上戦闘機」が主力であり。さらに後継機「烈風」の開発は行っていた
もののその投入製造には九州飛行機が協力することになり。ここで要求性能の
詰めが行われたあと。早速試作機の製造が始まりました。してリベット打ちの
工数を「零戦」の/以下までに抑えるなど。随所に合理性を高めた設計が施され
ています。艦艇写真海戦個人的に調べた言葉参考書籍?サイト

局地戦闘機「烈風」:時事ドットコム。しかし。三菱が零戦の製造と改良に忙殺されていたことと。海軍がエンジンに
選定した中島飛行機製「誉」の不調でしかも。機体の性能は速力。上昇力とも
零戦を下回ってしまい。艦上戦闘機としての開発はそこで中止された。この
ため。海軍も局地戦闘機「烈風」として制式化することを決め。45昭和20
年に入ってから三菱に量産を命じた烈風が搭載する予定だったA20
エンジンは。「誉」と違って無理な小型化をせず。余裕を持って高出力を出す
ことができた。造形村オヤジブログNo。第一弾の「震電」に続き。日本海軍局地戦闘機「雷電」 の登場
です。 空戦性能を極限までに追及してきたそれまでの日本海軍戦闘機の中にあっ
て。むしろ格闘戦性能は犠牲にしてでも一撃離脱性能を主眼に設計された異色の
戦闘機。人らしい線と面との立体感が機体全身に溢れていて。いつの間にか虜
になってしまうほどの魅力在る機体デザインであることに気がつきます。三菱
名古屋航空機製作所では「零戦」「雷電」「紫電改」「一式陸攻」の生産に従事

いまも飛ぶ大戦機“幻”の「震電」と「橘花」。現実には試作機が完成しただけで。満足な性能を発揮するには至らなかったが。
その先尾翼型の近未来的なフォルムが。架空戦記愛好家の想像力をかき立てる
ただ機だけ完成した「震電」試作機は。敗戦後に米軍が接収して米本土に搬送
された。しかも同時に。ほぼ原型を保って倉庫で眠っていた日本海軍ジェット
戦闘攻撃機「橘花」も。一般公開された。著書は「零戦五二型?レストアの
真実と全記録」「現存レシプロ戦闘機傑」エイ出版社など。GS掲示板。積んだのはいいが海戦当日まで1回も訓練飛行できなかったと当時の航空参謀が
記述してるんだから実質的な運用能力は「×」だろう。ということは。爆装艦
戦2機零戦と艦爆1機彗星,。艦爆換算だと機分!ちなみに
「当時の日本海軍が爆装零戦の制空能力を買いかぶっていた」ってのも爆戦が
大量配備された大きな理由だったらしい。であれば史実にあわせて「ソ連と
一時休戦し2年ほど戦備を整えてから対米英蘭戦に臨む」か「徹底的にソ連を
叩きのめして

九州十八試局地戦闘機「震電」J7W1。震電は第二次世界大戦末期に日本海軍が試作した局地戦闘機である。年
から年頃。海軍航空技術廠飛行機部の鶴野正敬大尉は従来型戦闘機の限界
性能を大幅に上回る前翼型戦闘機の開発を目指し研究を行っていた。考え。零
戦とは別に異なる画期的な戦闘機を求めて高速戦闘機を模索していたが。技術的
に提案する知識がなかった。で機体容積を有効に活用でき。前翼自体も揚力を
発生させることから。主翼をコンパクトにすることができ。全体的に

肝心の30ミリ機関砲がありません。1941年当時だとエリコン20ミリ機銃の量産がようやく軌道に乗ったくらいです。震電の実用化は極めて難しいでしょう。あのカトンボのような脚は折損事故を多発したでしょうね。震電が空母に着艦すれば大きな力が脚に加わりますから更にリスクは増えます。また、震電は後部にプロペラがありますから着艦フックを付けることが出来ません。更に震電は航続距離の短い対爆撃機用の極地戦闘機ですから航続距離を必要とする艦上戦闘機としては適しません。つまり震電と零戦は別の目的で作られた戦闘機です。では零戦が震電程度のスピードと零戦の運動性能を持つ戦闘機だったら、それなりの活躍はできたでしょうが、ドイツが実用化したメッサーシュミットME-262ジェット戦闘機をもってしてもドイツの敗戦を防げなかったように結果は同じだったでしょう。ME-262は震電の計画最高速より100Km/h以上高速だつたのですから。ウィキペディアによると震電の航続距離は、1000~2000km零戦二一型の航続距離は、巡航3,350 km増槽ありつまり、航続距離が短い局戦の性能では、真珠湾攻撃や重慶攻撃、ラバウルでの航空戦も無理。震電の離陸滑走距離は、560m。日本の大型空母 信濃の飛行甲板長 256mを二つ並べても無理ですね。爆戦局にどの程度寄与したでしょう全く寄与せず、当初よりボロ負けだったでしょう。ご存知かとは思いますが、震電は機体後端にプロペラが有ります。つまり、着艦フックを使って母艦上に降り立つことが出来ません。と、言うことは、真珠湾攻撃を始めとする機動部隊による緒戦期の勝ち戦はすべて戦闘機が出せないこととなりますから、実施不可能と言うことになりますね。寄与どころか、足を引っ張るばかりですね。よけいに酷い負けでしょう震電って試作でまだ全然まともな飛行機じゃ無い航続距離も無いし使い物にならないよ零戦が震電程の性能…またコレか。意味がわからん┐′д`┌一応局地戦闘機である震電に早くから日本軍が興味を持ったとは考えにくい。戦争初期、巴格闘戦重視だったからね。また、零戦のような航続距離も重視だ。震電は顧みられもしなかろう。なのに強行大量生産したなら、しわ寄せは零戦の生産にも影響する。無理やり空母に載せる?あの形状で着艦はかなりヤバそうだ。試作飛行時でさえ、発進時プロペラ地面にこすってしまってへん曲がったんじゃなかったっけ?んで、急遽尾翼の下側にタイヤつけるという応急的な応対した位だ。地上発進でそれだまぁ試験飛行とそれ終了しての出来てもねぇ量産型を云々言ってもって気はするが。前翼型…他に似た形状のが無いワケでパイロットも相当に戸惑うだろう。飛行特性が大きく異なるワケだしね。空冷エンジンをあの方式で搭載して、排熱とかはどうなんだろう?何しろ試験飛行のみで長時間飛行試してもないから不明だがちとヤバいんじゃね?と、いうワケで敵影わんさかヾ???;????。むしろ味方の生産や現場の混乱考えればマイナスしかならん気がするねぇ。個人的には興味のある機体故、そこまで言いたか無いんだがしっかし、そう思えてならん。しょっぽクン

  • ふるさと納税の確定申告とは 医療費控除は毎年世帯主名義で
  • ウルトラマン そこに光の巨人が現れて倒されます事実は公表
  • 痩せすぎの人 身長は158cmで体重は体重計ないのでわか
  • おじさんが好き 中学生でおじさんが好きだったら変
  • 高安亮選手が教えるクロールのコツ 緑帽子からはこれまでの
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です